効果

抗うつ剤の歴史を作り上げた三環系や四環系は今でも使われているお薬だ!

1950年代には、世界中でいろいろな変化が起きました。
その中でも「抗うつ剤の画期的な進化」は忘れてはならないことといえます。
現在でも使われている「三環系」「四環系」と呼ばれる抗うつ剤が登場することとなったからです。

効果が高く治療に大きな貢献をもたらした抗うつ剤

三環系や四環系といった抗うつ剤は、効果が高いことが特徴です。
それまでは入院治療によっていたうつ病治療の患者さんであったとしても、抗うつ剤の服用で社会復帰を果たせるようになりました。
これは精神医学のそれまでのあり方を大きく変えたといえるでしょう。

薬の作り方が未熟で副作用も大変多かった

ただ、当時はまだまだ技術が未熟でしたから薬の構造自体がまだまだ荒っぽかったことは否めません。
そのせいか三環系や四環系のお薬には副作用が多かったため、なかなかお医者さんとしても使い方に苦慮したようです。
もう少し副作用が少なくならないだろうかというのが当時の願いでした。

現在使われているお薬の礎ともなった重要なお薬

現在使われているお薬は、三環系や四環系のお薬をさらに進歩させたお薬になります。
製薬会社は副作用が少ない、安全性が高い、そして効果も狙ったとおりに現れるというお薬を作り上げてきました。
三環系や四環系のお薬は、現在のお薬の礎となった存在ですから、薬の歴史を語る上で忘れてはならないものです。

治療を進めていく中で利用することも珍しくない

さんかんけいや四環系の抗うつ剤は現在でも流通しています。
臨床の現場でも、難治性のうつ病や重度のうつ病の患者さんに対して利用することがあるためです。
お医者さんも最初は使うのが怖かったけれど、実際に使ってみたら治療がうまくいったという事例もありますからね。
今後も使われていくことでしょう。

関連記事

  1. 私はてんかんになってしまったの?気分の安定を図る抗うつ剤と同じ効…
  2. 安全で効果の高い新しい抗うつ剤の3つをご紹介しよう!
  3. 抗うつ剤と一緒に処方されるお薬って飲む意味はあるのだろうか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 抗うつ剤の歴史を作り上げた三環系や四環系は今でも使われているお薬だ!
  2. 私はてんかんになってしまったの?気分の安定を図る抗うつ剤と同じ効果は本当?
  3. 安全で効果の高い新しい抗うつ剤の3つをご紹介しよう!
  4. 抗うつ剤と一緒に処方されるお薬って飲む意味はあるのだろうか

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP