効果

抗うつ剤と一緒に処方されるお薬って飲む意味はあるのだろうか

お薬を飲んでいると様々な副作用が現れることがあります。
たとえば風邪薬を出されたときに胃薬を一緒に出されるケースがあることをご存じでしょうか。
あれは抗生物質によって胃の中があれてしまっては大変だからと言うことで、胃薬も出しているのです。

抗うつ剤も副作用を伴うことが多い

うつ病を治すときに処方される抗うつ剤も、副作用を伴うことが多くあります。
口の中が乾いてしまったり、眠気を伴ってしまったりなど薬によってまちまちです。
しかし副作用の中には日常生活に支障を来すようなものもあります。

副作用を防止するためのお薬をきちんと飲もう

代表的な副作用としてあるのが「薬剤性のパーキンソン症状」です。
加齢などによってパーキンソン病になる方がいらっしゃいますが、それと同じで薬によってパーキンソン病と同じような症状が現れてしまいます。
筋肉のこわばり、手や足の震えなど様々な症状があるのです。
こうした症状を防ぐために、パーキンソン症状を止めるためのお薬が副作用防止のために処方されています。

たとえ副作用が現れていなかったとしても

もしかしたら人によっては、薬によるパーキンソン症状が出ないことがあるかも知れません。
しかし副作用はいつ現れるかさっぱりわからないため、ある日突然そうした症状が出るとも限らないのです。
副作用が出ていなかったとしても、必ず副作用止めのお薬を飲むようにしてくださいね。

お薬の飲み合わせにはちゃんとした意味がある

処方されるお薬の飲み合わせにはちゃんと意味があります。
たくさんのお薬をむやみに出す藪医者に当たらない限り、飲み合わせにはきちんとした意味があって処方されているのです。
正しく毎日飲むことを心がけましょう。

関連記事

  1. 抗うつ剤の歴史を作り上げた三環系や四環系は今でも使われているお薬…
  2. 私はてんかんになってしまったの?気分の安定を図る抗うつ剤と同じ効…
  3. 安全で効果の高い新しい抗うつ剤の3つをご紹介しよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 抗うつ剤の歴史を作り上げた三環系や四環系は今でも使われているお薬だ!
  2. 私はてんかんになってしまったの?気分の安定を図る抗うつ剤と同じ効果は本当?
  3. 安全で効果の高い新しい抗うつ剤の3つをご紹介しよう!
  4. 抗うつ剤と一緒に処方されるお薬って飲む意味はあるのだろうか
PAGE TOP