効果

私はてんかんになってしまったの?気分の安定を図る抗うつ剤と同じ効果は本当?

失敗は成功の母という言葉がありますが、私たち人間はいろいろなところで失敗を重ねながらも成功を重ねてきました。
もちろん最初は「これで大丈夫なのだろうか」という思いがあったかも知れませんが、最終的には成功しているのです。

思わぬお薬がうつ病治療に役立つことがある

実は思わぬお薬がうつ病治療に役立つことがあることをご存じでしょうか。
たくさんのお薬が現在発売されていますが、「てんかんの治療薬」によって気分を安定させる効果があると言われています。
典型的な商品名を挙げるのであるならば「デパゲン」が有名です。

薬の効能書きなどを読んで驚かれる方も多い

ただ、患者さんの中にはデパゲンの効能書きを読んで「私はてんかんになってしまったのだろうか」とびっくりされる方がいらっしゃいます。
それは全く無理もない話ですが、もしもてんかんになっていたとしたら医師からきちんとてんかんの説明を受けることでしょう。
処方する際に「てんかんの治療で用いるお薬ですが、気持ちを落ち着ける効果があります」と説明してくれるお医者さんも多いため、説明をちゃんと聞いてくださいね。

使い方には注意が必要だから医師と相談すべし

てんかんの治療薬は、抗うつ剤とは少し違うため使い方には注意が必要です。
特に妊婦さんはてんかん治療薬の服用が禁忌になっているため、必ず医師に対して妊娠の事実を告げてくださいね。

抗うつ剤だけが治療の第一選択というわけではない

治療に当たって抗うつ剤を使うことだけが治療の第一選択というわけではありません。
いろいろな患者さんがいるわけですから、薬を上手に組み合わせて気分の安定を図ると言うことも薬の効果を上手に活用しているといえるでしょう。

関連記事

  1. 安全で効果の高い新しい抗うつ剤の3つをご紹介しよう!
  2. 抗うつ剤の歴史を作り上げた三環系や四環系は今でも使われているお薬…
  3. 抗うつ剤と一緒に処方されるお薬って飲む意味はあるのだろうか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 抗うつ剤の歴史を作り上げた三環系や四環系は今でも使われているお薬だ!
  2. 私はてんかんになってしまったの?気分の安定を図る抗うつ剤と同じ効果は本当?
  3. 安全で効果の高い新しい抗うつ剤の3つをご紹介しよう!
  4. 抗うつ剤と一緒に処方されるお薬って飲む意味はあるのだろうか
PAGE TOP